その汗は男性の更年期?ホットフラッシュの原因と改善方法まとめ

「なぜか多量の汗をかくようになった」
「体がのぼせたように熱くなる」

といった体の変化があった男性は、ただの多汗やほてりと片付けてしまいがちです。

もしかすると、更年期などが原因で起こるホットフラッシュという症状かもしれません。

更年期障害というと女性によくあるというイメージですが、男性でも起こることが最近知られるようになりました。

この記事では、そんなホットフラッシュの症状や原因、対処法を紹介します。
ぜひ一度、目を通してみてください。

ホットフラッシュってどんな症状なのか?

ホットフラッシュの主な症状は、下記が有名です。

【ホットフラッシュの主な症状】

  • 発汗
  • のぼせ
  • ほてり
  • 紅潮

これらが複合的に組み合わさって、症状の出るケースが多いようです。

特徴は、急に強烈な症状がでること。

顔が真っ赤になってしまったり、急に熱くなって汗をかく、熱はないのにカーッと熱くなるなど予期せず起こることが多いようです。

30秒程度で収まる場合もあれば、30分以上続いたりと、人によってさまざまといえます。
また、数分ごとにほてりを感じるケースや、1週間に2~3回程度と、頻度にも差があるのです。

この体温コントロールがうまくいかなくなる症状のことを、ホットフラッシュと呼びます。

ホットフラッシュの原因は男性更年期障害

ホットフラッシュは、更年期障害などにより、急激に血液の流れが悪くなることで発生します。

更年期障害といえば「女性がなるもの」と思われがちですが、実は男女に関係なく起こりることが、最近はわかってきているのです。

自律神経が乱れ、血管の収縮と拡張がうまくコントロールできなくなると、血行が急激に変化します。

急激な血行の変化によって、ホットフラッシュの症状が、顔や背中・胸といった体の一部もしくは全身に現れるのです。

慢性的に血行不良の場合は、このような症状は起こりません。

どうして自律神経が乱れると、ホットフラッシュの症状が出てしまうのでしょうか。

男性の更年期障害はどういうもの?

男性の更年期障害は、LOH症候群とも呼ばれます。

女性の更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンの急激な減少によって、さまざまな不調があらわれる総称です。

対して、男性の場合は、男性ホルモンであるテストステロンの減少によって引き起こされます。

通常、脳の視床下部という部位が、ホルモンのバランスをコントロールしているのです。

しかし更年期を迎えると、視床下部がホルモンの分泌をするように命令しているのに関わらず、体がそれに対応できずホルモンを十分に分泌できなくなります。

視床下部はホルモンだけでなく、自律神経のバランスもつかさどっているため、ホルモンのコントロールが効かなくなると混乱が生まれ、自律神経が乱れてしまうのです。

男性ホルモンテストステロンはどうして減少してしまうのか?

更年期障害は、男性ホルモンの減少により起こります。
では、なぜ男性ホルモンは減少してしまうのでしょうか。

男性ホルモンのテストステロンは、加齢によって少しずつ減少します。
20代が一番多く分泌され、以降徐々に減少していくのです。

しかし、テストステロンの減少するスピードは、かなり個人差があるといわれています。

60代・70代になっても30代と同じような量が分泌されている方もいれば、40代でほとんど出なくなってしまう方もいるのです。

この差には、ストレスや生活習慣が大きく関係しているといわれています。

多大なストレスがかかると、テストステロンの分泌が減るということが、多くの研究でわかっているようです。

また不規則な生活も、テストステロンの減少と深いつながりがあります。

不規則な生活や睡眠時間が短い、飲酒、喫煙などによりテストステロンは減少する傾向にあるのです。

男性のホットフラッシュは緩やかに起こる

自律神経の乱れによる症状のひとつが、ホットフラッシュです。

女性のホットフラッシュと比べると、症状が少しずつ出てきます。

緩やかに症状が現れるため、自分で気付きにくいといえるでしょう。

男性更年期障害の症状はホットフラッシュだけじゃない

男性の更年期障害(LOH症候群)の主な症状としては、大きくわけて3つの症状があります。

【男性更年期障害の主な症状】

  • 体の症状:筋肉の低下や疲労感
  • 心の症状:イライラや不安感、うつ病
  • 性の症状:EDや性欲の減退

ホットフラッシュを「気のせいだ」と放っておくと、ほかの症状があらわれる可能性もあるのです。

また、ホットフラッシュ以外に、心当たりのある症状があれば、男性更年期障害の可能性が高いともいえるでしょう。

ストレスが原因でホットフラッシュになる場合も

ホットフラッシュのひとつの原因として、ストレスが挙げられます。

仕事でノルマに追われていたり、環境が変化したりすると、ストレスを感じる方が多いようです。

ストレスや疲労が積み重なると、交感神経が優位になることで、自律神経のバランスが崩れ、血管の収縮を引き起こします。
その結果、ホットフラッシュの症状がでやすくなってしまうのです。

また男性更年期障害は、40~50代が多い病気ですが、ストレスや偏った食生活が原因で、更年期障害のような症状に悩む20代や30代の若い男性も増えています

ホットフラッシュの症状に加え、手足が冷えやすい、性欲や集中力の低下を感じる、すぐに疲れ倦怠感に悩まされたりする場合は、若年性更年期障害かもしれません。

ホットフラッシュの対処法

ホットフラッシュは、いきなり起こることが多いようです。

服装で表体温を調節する

ホットフラッシュは気候に関係なく、のぼせたり、冷えたりしてしまうため、体温調節をしやすい服装を心がけましょう。

冷えを感じたときのために、上着を一枚持ち歩くとよいですね。

冷やす

体が急に火照ったと感じたら、タオルなどで首筋や頭を軽く冷やすとよいようです。

冷やす際には、市販の汗ふきシートが持ち歩きしやすく、爽快感があるためオススメ。

冷たい飲み物を飲んで、冷やすものよいでしょう。

単純ですが、涼しい場所に移動するというのも、よい方法です。

リラックスする

深呼吸をしたり、軽いストレッチを行うなどでリラックスをするとよいでしょう。

ホットフラッシュは、ストレスなどで交感神経が優位にたっているときに、おこりやすくなります。

そのため、軽いストレッチや深呼吸で血液の流れをよくすることが、症状の緩和につながるといえるでしょう。

ホットフラッシュの改善法

そもそもホットフラッシュは、どうやって根本的に改善していけばよいのでしょうか。

ホットフラッシュを改善するためには、男性ホルモンのテストステロンを低下させないことや、ストレス・疲労をためないことなどが大切です。

病院で診察を受ける

ホットフラッシュの症状がつらい場合は、病院で検査を受け治療することをおすすめします。

しかし何科を受診するか、迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

まずは、お近くの泌尿器科を受診するとよいでしょう。
病院では男性ホルモンテストステロンの測定ができるため、数値で判断することが可能です。

そのうえで、症状に合わせて内科や心療内科を受診するとよいですね。

男性専用の更年期障害専門外来を設けている病院や、男性の悩みによりそうメンズ専門外来も増えているので、行きやすいクリニックに通うことが大切です。

ホットフラッシュの症状のみの場合は、更年期障害専門外来か内科をオススメします。

また「ただのほてり」「更年期なんかほっといたら治るだろう」と思う方もいるかもしれませんが、ホットフラッシュの症状がでるほかの病気である可能性もあるのです。

自己判断せず「おかしいな」と感じたら、病院で診察しましょう。

どんな治療方法があるの?

男性更年期障害には、減少した男性ホルモンを補う、ホルモン補充療法という治療法があります。

ホルモン補充療法では、注射剤と皮膚吸収剤、経口剤といくつか方法があるのでみていきましょう。

注射による治療

注射による治療は、保険が適用されます。
病院によって通う頻度は異なりますが、継続的にテストステロンを筋肉に注射する方法です。

注射による治療は、男性ホルモンの血中濃度が安定しないため、症状がなかなか改善しない場合もありますが、数回で効果を実感する方もいるため効果の出方はさまざまといえるでしょう。

塗り薬による治療

男性ホルモンが含まれている軟膏を使う、皮膚吸収剤は自費診療になります。

テストステロンを、男性ホルモンをつくる陰嚢に塗り、皮膚から吸収させる治療です。

男性ホルモンの、血中濃度を維持できるというメリットがあります。

飲み薬(漢方)による治療

経口剤として、漢方での治療という方法もあります。

漢方の力で、心身のバランスを整えることで、低下した男性ホルモンの働きを助け、症状を緩和していくのです。

また心療内科で、精神安定剤の薬を処方してもらったら症状が治まった、というケースもあります。

どの治療方法も、副作作用が出る場合や、求めている効果と異なる場合があるため、自分で判断するのはやめましょう。

医師と治療方法を相談し、納得したうえで行うことが大切です。

食生活を見直す

男性更年期障害のホットフラッシュを治すには、食生活の見直しも大切です。

まずは3食しっかり食べることと、食事の内容に意識を向けましょう。

ご飯や麺類といった炭水化物が多くなりがちですが、たんぱく質(肉や魚)を多く摂り、野菜もバランスよく食べることが大切です。

お腹いっぱいになるまで食べずに、腹8分目を意識し、よく噛んで食べましょう。

男性ホルモンを作りだすにはビタミンE・ナイアシン、男性ホルモンの分泌を活発にするにはビタミンDやムチンがよいといわれています。

ビタミンEや亜鉛はホルモンバランスを整える働きをし、ビタミンB1、ビタミンB1、ビタミンB12はストレス対策に有効といわれているのです。

  • ビタミンE:魚卵・モロヘイヤ・ナッツ類・うなぎ・かぼちゃ
  • ナイアシン:たらこ・まぐろ・いわし・レバー
  • ムチン:モロヘイヤ・オクラ・納豆・山芋
  • 亜鉛:レバー・牡蠣・牛肉・煮干し・ナッツ類
  • ビタミンB1:豚肉・うなぎ・魚卵・大豆
  • ビタミンB12:しじみ・牡蠣・レバー・さんま・海苔

また、辛い物やアルコールなどの刺激物は、ホットフラッシュを誘発させるため避けた方が安心です。

サプリメントで栄養素を補う

食事だけで栄養を見直すのが難しければ、サプリメントで補うという方法もあります。

性ホルモンの分泌を助ける亜鉛や血流をよくしてくれるアルギニン、精神を安定させる作用のあるトリプトファンなどが含まれているものがおすすめでしょう。

亜鉛やアルギニンを多く含むマカや、全身の巡りをよくしてくれる高麗人参も効果があるようです。

またホルモンや自律神経の乱れを整えてくれる成分が入ったサプリメント以外にも、汗の臭いを抑えるサプリメントなど、さまざまな目的によってサプリメントが販売されています。

ただし、サプリメントは医薬品ではないため、即効性はありません。
多くは2~3か月継続して使用することが必要といえるでしょう。

悩みに合わせて、利用してみるのもよいかもしれません。

規則正しい生活をする

男性ホルモンは、夜中寝ている間に分泌されます。

そのため夜は早めにしっかり寝て、朝は起きて朝日を浴びるという規則正しい生活をすることで、男性ホルモンのテストステロンを多く分泌させることができ、症状の改善につながるでしょう。

適度な運動をする

適度に運動をしていると、ホットフラッシュの症状が軽くなることもあるようです。

運動や筋肉トレーニングをすると、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が上がるためといわれています。

またウォーキングやスポーツなどで体を動かすことは、ストレスの発散にもなるため、おすすめです。

ホットフラッシュは放置しないこと

男性の場合は、ホットフラッシュの症状が出ても「体が火照ってぼーっとするが風邪だろうか?」と思い込んでしまうことも多いようです。

ときおり身体のほてり、発汗、のぼせを感じる方は、ホットフラッシュの可能性を踏まえて一度体調と向き合ってみてくださいね。

ホットフラッシュだけでなく、やる気がでなくなってうつ状態になったり、EDや性欲の減退のように、ほかの症状が出てくる可能性もあります。

症状に気付いたら、生活習慣を見直してみたり、早めに病院を受診することが大切です。